製品・サービス交通管理システム

交通管理システム 車両用/歩行者用感知器

リアルタイムな情報提供

車両用感知器は、信号制御のための交通情報の収集に使われ、そのデータは道路交通情報通信システム(VICS)センターにも情報提供されます。
歩行者用感知器は、押ボタンの代わりになったり、横断中の歩行者を感知して青時間を延ばすことにより、歩行者の安全を守ります。

車両用感知器 超音波式

道路の直上に設置した超音波送受器から発信する超音波の反射を利用して車両の存在を検出する機器です。安定した感知性能により、交通量・占有率を計測するなどの目的に使用されます。

車両用/歩行者用感知器 画像式

車両用の画像感知器は、停止線から30m区間内を計測エリアとして設定できます。右折レーンの車両を検出し、右折矢印信号の青時間を最適に変動したり、交通量の少ない従道路の車両を検出したときのみ従道路側を青信号にするなどの感知器として使用できます。
一方、歩行者用の画像感知器は、横断歩道に歩行者が存在するときは、歩行者青時間を延長することで、横断歩行者の安全を確保することができます。

車両用感知器 ドップラ式

超音波のドップラ原理を利用した感知器です。車両の速度に応じて周波数の変化(ドップラ原理)を利用して、一定方向に走行する車両を感知します。
交通量が少ない従道路に設置され、車両を感知したときのみ従道路側を青信号にするリコール制御に使用します。

車両用感知器 遠赤外線式

車両検出に遠赤外線を利用しています。超音波や近赤外線のようなアクティブ型センサーと比べ、物体から放射される遠赤外線を検出するパッシブ型センサーを採用することで、消費電力を大幅に削減しています。
このため、太陽電池による電源供給と無線伝送を利用することができて、様々な設置場所や用途に対応することができます。

光ビーコン

道路交通施設における情報提供のキーインフラです。
路車協調システム(光ビーコンと車載機との路車間通信により、様々な安全運転支援や交通流制御を行うシステム)に対応し、渋滞緩和と共に、交通事故やCO2を削減することができます。

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォームからご質問などを送信できます。

ページの先頭へ