CSR品質・環境への取り組み

品質・環境方針」に基づいて、以下の取り組みを行っております。

①品質への取り組み事例

当社は、品質向上活動の一環として、1995年4月に現在のパワーエレクトロニクス事業部がISO9001の認証を取得し、いくつかの段階を経て、1999年5月に京三製作所全体としての認証を取得しました。業務の総合的な有効性を高め、会社の持続的な発展に資することを目的に、当社は、ISO9001の要求事項を業務に統合した品質マネジメントシステム「京三QMS」を構築することで、ISO9001の活用を図り、生産改善活動と一体化した活動となるように努めてまいりました。

その具体的な取り組みの一つとして2015年度より、主要な階層に対して、ISO9001:2015の教育を行い、規格などに対する理解を深め、重要性を再認識した上で、品質マネジメントシステムの再チェックを行い、2015年版への移行監査を2017年12月に受け、認証を継続しています。

また、当社としての品質マネジメント体制を有効に維持するため、2015年版に対応した内部監査員の育成を行っており、100人程度(全社員の10人に1人以上)を常に維持できる形を目標にしております。これまで年2回であった内部監査の回数を、年1回に絞り込み、1回当たりの時間を長くすることで、より充実した内容となるように改革を進めています。

階層別ISO教育

ISO内部監査員向け2015年版スキルアップ教育

②環境への取り組み事例

当社は環境マネジメントシステム規格であるISO14001:2015の認証を取得し、環境保全活動およびその継続的改善を積極的に推進しています。
ここでは人と地球に優しい社会の実現に向けた環境保全への取り組みを紹介します。

地球環境に優しい輸送

CO2排出量が少なく地球環境に優しい鉄道貨物輸送を製品出荷に一定量利用することで、環境負荷の低減に貢献しているとしてエコレールマーク商品の認定を受けることができます。
当社はMCG形踏切しゃ断機について2012年に認定を取得しました

環境に配慮した梱包

1.リユース木枠の活用

木材の有効活用として、お客様や混載業者の協力を得て、転てつ機、踏切しゃ断機の梱包に再利用可能なリユース木枠を使用する取り組みを推進しています。

2.最適な包装の研究

量産製品の包装について最適な梱包設計を行い、緩衝材の使用量を削減するとともに、接着剤を使用せずに組立式とすることでリサイクル材として再利用できるようにしています。

鶴見本社における環境配慮

本社工場では屋上の緑化、蓄電池を搭載した太陽光パネルの設置、外壁の断熱性向上や窓ガラスの遮熱処理などにより省エネ化を図っています。
2016年に建て替えた事務棟は全ての照明をLEDとし、建屋内に自然光を採り入れるライトウェルを設けることで電力の消費を抑制しているほか、貯留した雨水をトイレ用水として活用し、水資源の節約に役立てています。

 

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォームからご質問などを送信できます。

ページの先頭へ