企業情報コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス 情報セキュリティ基本方針

当社は、社会の公共性、公益性、安全性に深くかかわる事業にたずさわっており、事業遂行上取り扱う情報資産は機密性の高いものです。 これら情報資産の機密と安全性を守り、その重要性に応じた適切な運用を心がけて有効に活用しつつ、顧客と当社を取り巻く社会の信頼に応えながら、継続的・安定的な事業運営をおこなってまいります。

以上のことを念頭におき情報セキュリティポリシーとして本基本方針及び情報管理規程、情報システム管理規程その他の関連規程・規則を定め、以下の取り組みを実施、推進することを宣言いたします。

安全対策

1. 業務上取り扱う顧客等の情報資産の安全確保には万全を期し、紛失、破壊、改ざん、不正な侵入、盗難及び漏えい等のリスクを未然に防止することに最優先で取り組む。

管理体制

2. 情報資産の安全確保と適切な運用を行うため、社内に「情報管理・情報セキュリティ管理体制」を確立し、全社統括の責任者及び部門単位に管理者を置き、全社的な組織体制により情報資産の安全な管理・運用を行う。

社会秩序

3. インターネット社会の秩序を守ることを大前提にシステムの不正アクセス対策、コンピューターウィルス対策を講じ、その健全なる運用、発展のために貢献する。

教育

4. 当社役員(これに準ずる者を含む)、従業員、試傭員、嘱託、特別職員、出向者、派遣社員、パート、請負会社従業員(以下「従業員等」という)に対する情報セキュリティ(情報の安全性)確保に関する教育・啓蒙を継続的に実施し、情報セキュリティポリシーの周知徹底に努める。情報資産を取り扱うすべての従業員等は、情報セキュリティポリシーを遵守し、そこに定められた義務と責任を果たす。

法令等の遵守

5. 情報管理・情報セキュリティ管理体制のもとに、情報セキュリティに関連する法令、顧客との契約、関連諸規程、その他の規範等を遵守して情報セキュリティの確保に努める。

継続・運用

6. 技術の進歩や業務環境の変化等も考慮のうえ、情報資産のリスク評価を多方面から継続的に実施し、それを情報セキュリティポリシー及びそれに基づく各種施策に反映させることにより、情報セキュリティの維持・向上を図る。

監査

7. 情報セキュリティ確保のために業務運営が確実に機能していることを確認するため、内部監査室による定期的な情報管理監査を実施し、必要に応じて適切な是正措置または予防措置を講ずる。

2007年12月26日
株式会社 京三製作所

 

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォームからご質問などを送信できます。

ページの先頭へ